サイトメニュー

医療行為から美容行為へ

下着姿の女性

筋肉が肥大するメカニズム

美容整形を行なうにおいて、患者が心配する点の中にダウンタイムや副作用が挙げられます。手術や脂肪吸引など、皮膚を切開する必要のある治療だと、数週間は傷が残ることが多いでしょう。骨削りなど大掛かりな治療ともなれば、入院が必要となるケースも少なくありません。そんな美容整形の中でも、ボトックスを始めとしたプチ整形という治療法であれば、ダウンタイムは短期間で、副作用は軽度に抑えられます。働きながら綺麗になりたい人たちにとって、メリットが多い治療法のため、人気の高い美容整形となっています。ボトックスは筋肉を小さくする注射を施す治療のことです。ボトックスが用いられる部位や症状は、主にエラ、表情ジワ、筋肉太りが多いです。大きくなった筋肉や、偏って発達した筋肉に対して注射することで、筋肉をリラックス状態にする効果があります。また、美以外の面でも効果が期待されており、肩こりや多汗症改善、まぶたの痙攣を抑える治療にも使用されています。原因が筋肉であれば全身に対応できる治療法のため、利便性が高くリスクも少ないのが利点となっています。治療費も自由診療ではあるもの注射1本の値段は数千円が相場のため、本数が多くならなければ比較的手の出しやすい価格なのも人気の一つです。ボトックス治療は本来痙攣や手足のこわばりなどの医療行為として利用されていました。痙攣やこわばりはいずれも筋肉に力が入ることで起こる症状です。筋肉に力が入るメカニズムは、アセチルコリンという物質が大きく関与しています。アセチルコリンは脳から発信される神経伝達物質の名称で、このアセチルコリンが筋肉に届くことにより、力が入る仕組みです。ボトックス治療にはこれを弱める作用があり、それを応用した形で美容整形にも使われるようになりました。美容目的で使われ始めたのはここ20年の間です。眉間の縦ジワやエラなど、筋肉によって起きる美容のトラブルを解決したり、予防したりするのにも使用されます。従来の、皮膚にメスを入れて行なう美容整形に比べ、身体への負担が少ないのが人気を集める一因となっています。ボトックス治療は注射で成分を注入するのですが、大きな害を及ぼさない範囲で副作用が現れます。注射による治療のため針を刺したところにかなりの確率で内出血が現れます。また、筋肉の使われ方を多少操作することになるため、違和感や痛みが生じることがあります。使われない筋肉の働きを補うため別の筋肉が多く使用され、倦怠感や筋肉痛が起こる可能性もあります。これらの副作用は時間とともに薄れていくもので、期間は数週間程度が目安です。

看護師

間違った筋肉に打つと

ボトックスの主な副作用は、狙った筋肉以外に作用してしまうことで起きる、筋肉の弛緩です。確かな知識と技術を持つ医師に任せることが大切です。表情ジワの緩和以外では、脇や手足の多汗症の改善に役立てられています。

詳しく見る

女医

顔の悩みを解消しよう

見た目年齢が、実年齢をオーバーしているように見られたり、顔が大きい事で悩んでいる方にお勧めしたいのが、ボトックス注射です。脱力や、注射部の痛みといった副作用が出る場合もあります。効果が薄れると共に、副作用も次第に消えていくのが一般的です。

詳しく見る

カウンセリング

治療のタイミングと頻度

何らかの日に向けてボトックス治療を受ける場合はひと月前など、効果の出現日から逆算して受けるのが良く、繰り返しの治療なら年1、2回の頻度が一般的です。大抵カウンセリング後に減痛処置をしてから注射しますが、副作用の内出血は殆ど起こりません。

詳しく見る

男性医師

人気の部位は

ボトックス注射で人気の部位は眉間や目尻となっており、他にもおでこや目の下、エラなどに注射することも可能です。副作用は脱力や筋痛、発疹などが挙げられます。1回につき5から10万円はかかるのが一般的で、平均4から6ヶ月効果が続きます。

詳しく見る

人気記事

Copyright© 2018 ボトックスの副作用をチェック【利便性が高くリスクも少ない】 All Rights Reserved.