サイトメニュー

顔の悩みを解消しよう

女医

笑顔を取り戻せるはず

ボトックス治療を受ける際に、気をつけたいのが副作用です。副作用の主な症状に、脱力があります。注射した部位の神経がボトックスを取り込み、筋肉が萎縮するものの量が多過ぎた場合、その効果が予想以上に強く表れてしまうのです。脱力はボトックスの量を少なく設定すれば、極力回避する事が出来ます。量そのものを判断するのは、他ならぬ外科医です。従って実際に美容クリニックで治療を受ける前に、外科医がどれだけの経験・実績を積んでいるのか、しっかり確認するようにしましょう。美容治療で投与されるボトックスの量は、他の治療に比べ少ないのが特徴的です。従って1〜3ヶ月という短期間で、効果が消失してしまいます。効果が消失すると共に、副作用の症状自体も次第に薄れていくものだと考えられていますので、左程心配する必要はありません。また極稀にではあるものの、注射針を刺した個所に赤みや痛みが出るといった副作用が出る方もいらっしゃいます。次第にそれらは消えていきますが、どうしても不安を拭い去れない場合は治療を担当した、外科医に直接相談して下さい。大手美容外科クリニックはアフターケアが充実していますので、万が一副作用が出たとしても必要以上に恐れる事はなくなります。表情シワや顔が大きいと悩んでいらっしゃる方に、断然お勧めしたいのがボトックス注射です。額や眉間等の表情シワが目立つ場合、実年齢を見た目年齢がオーバーしてしまう可能性があります。またエラの筋肉が異常に発達している為、それが張り出すことによって顔全体が大きく見えてしまうケースも、決して珍しくはありません。気になる部分にボトックスを注射すると、それが神経に取り込まれます。その結果筋肉が萎縮し表情シワが目立たなくなったり、フェイスラインがよりシャープになったり、小顔効果を実感し易くなるのです。症状の改善がみられる一方で、極一部に限られるものの副作用の症状が現れる方もいらっしゃいます。副作用の主な症状は、脱力や注射部の痛み、発疹等です。これらの副作用は、ボトックスの効果が想像していた以上に強く表れた結果であると考えられています。他の治療法に比べると、使用されるボトックスの量は極めて少ないのが特徴的です。従ってボトックスの効果が弱まると共に、副作用も次第に消えていきますから、過度に心配する必要はありません。副作用が心配な方は、アフターケアが充実している美容クリニックを選択して下さい。全国展開している美容クリニックは、アフターケアが充実していますから治療に専念出来る環境が、十分整っていると言えるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用をチェック【利便性が高くリスクも少ない】 All Rights Reserved.